風の吹き顧客って地点衡風の時に関しまして勉強した

特有などに関しまして学習しました。回転していらっしゃる円板上で運動する物質の動きを円板上で円板と共に回転しながら見ると、物質にはその順番路線を曲げようとする技術がはたらいているように見える。こういう力を転向技術(あるいはコリオリの技術)といいます。地球上では、物質や風の経絡が計測されます。風の吹き皆様は、基本的に気圧傾度技術といった転向技術およびエアーという地表にかけのスレ力で決まります。転向技術は北半球では物質の順番路線に直角右向きに、南半球では直角左向きに行ないます。転向技術のがたいは赤道では0で高緯度ほどすごく、また物質の調子が大きいほど大きくなります。地上から約1kmより高いところでは、エアーという地表にかけのスレの感化がありません。そのような上空での風の吹き皆様は、気圧傾度技術といった転向技術の2つの力で決まります。すなわち、低圧部へ向かって動く気圧傾度技術という、北半球では特有に対して直角右向きに、働く転向技術とがつり合った状態で、特有は等圧線に平行に吹く。こんな特有を場衡風といいます。実に勉強になりました。ミュゼ 100円