名古屋で、おいしいパン屋さんを紹介したいと思います

名古屋で、おいしいパン屋さんを紹介します。
Le Sixieme Sens(ル シズィエム サンス)というお店は、名古屋市天白区にある、パン屋さんで、
白と青を基調とした外観のお店で、店内は、すっきりした印象で、清潔感が感じられるお店でした。
パンの種類はいろいろあり、ハード系や、デニッシュ系まで、幅広い品ぞろえのお店でした。
パン・ド・ミ(1斤、260円ほどだったと思います。)は、小麦の風味が、しっかりと感じられる、
シンプルなパンで、そのまま食べてもおいしいですが、トーストして食べると、小麦の風味が増して、
さらにおいしくいただく事ができました。また、2斤でも販売されています。
あと、ブール(180円)は、噛みごたえのある、バゲット生地に、発酵バターがサンドされており、
生地の旨みと、発酵バターの旨みが、うまくマッチしておいしかったです。
そのほかにも、クグロフ、サクラ(240円ほどだったと思います。)は、桜のペーストや、レモンピール、
クランベリーなどが入っており、優しい味わいで、おいしかったです。

風邪の兆しを感じながらネットサーフィンやウォーキングして過ごした

今日は頭の中と鼻の奥に違和感があり、これは風邪の兆しだと予感し、それがいつ爆発するかとビクビクしながら過ごしました。
おかげで仕事に集中できません。
と、いうのは言い訳でついついネットサーフィンしてしまいろくに仕事が進みませんでした。
夜も色々やることがあるのですがそれを早く済ませて仕事に戻ろうと思います。
そして夕食前のランニングに出かけようとしたのですが、外を確認すると雨が降っていたのでウォーキングに変更です。
風呂にお湯を入れることをセットし、猫がどこにいるか確認しに行くとキッチンに母がいたので今日の夕食は何かと思ったら、母はかぼちゃをカレー粉で煮るとか言い出しました。
正直それはないわと思ったのですが、かぼちゃ入りのカレーは美味しいのでそれも試しにいいのではないかと答えておきます。
そしてウォーキングに出かけたら雨がどんどん強くなっていき、肩と足元が濡れてしまいました。
それで早く風呂に入りたいところだったのですが、今度は妹がスマホで玄関にTSUTAYAの袋がないかと聞いてきて探しても見つかりません。
それを伝えたらお礼を言われ、ようやく入浴できることになりました。3万円 即日融資

人形の置かれている心霊スポットには行ってみたい

心霊スポットには出来るだけ行きたくないし用事もないのに行くことはないだろうなと思っています。
だけど最近動画サイトやテレビで心霊スポットを沢山見ていることにより、自分で行くのも悪くないかも?と思えて来ました。
けど一人じゃ勿論無理ですから、車を出してくれる人と何人かで行きたいですね。
ただ、心霊というよりも虫が怖いので私はそこで悲鳴を上げてしまうかも知れません。
中には沢山の人形が置いてある奇妙なスポットもあるそうなのですが、そこは人形の中に念が篭っており取り憑かれるかも知れないから行かない方がいいらしいです。
しかし人形が好きな私は人形の沢山あるスポットならば積極的に行ってみたいという気持ちになってしまうと思うのです。
人形の髪が伸びだしたりしたら怖いかも知れませんが、私はそんな姿を見てしまったら逆に興奮の悲鳴を上げてしまうかも知れません。
人形が動いていたら楽しいじゃないですか。
そう思うのは私だけですかね?

両親の生きた昭和の時代は、娘の私は知らない事もあり、今では親から聞いた話から色々と想像します。

年末に娘達が里帰りした際に、また食事に頭を悩ますところです。

でも私の身体が弱いと言う感覚を、娘家族に知ってもらっているから、その点はラクな思いが出来ます。

最近はおせち料理を購入する事もあります。
みんな口がこえているので、年末や年始には親元に帰った事で色々なものを食べたいのです。

娘むこは、おせち料理が冷たいと感じると、娘から聞いたことがあります。
やはり最近の子供だと、感じた私でした。

お正月と言えば、女が正月三が日をラクをするために、おせち料理をつくると言う感覚があります。
母が生きていた頃にも、冷たそうな手でお巻きずしをお正月の為に巻いてくれていました。

私が生きる時代は、生活にも便利さを感じています。
でも母が生きた娘時代は、戦争まっただ中となり、大変な日々と思います。

私達親子でも、生活するにも時代の違いが大きくあり、母も父も頑張って生き抜いてくれたと頭が下がります。

主人となるお父さんと、そのお父さんを支えるお母さんの事を思えば、私も頑張って生きる事が出来ます。