存在しないレストランのサイトを立ち上げた人の話

テレビで、イギリスで実在しないレストランの運営サイトを立ち上げた男性のことが紹介されていて、ショックを受けました。
レビューは家族や友人に書いてもらい、予約の電話は全て「その日は予約でいっぱいです。」と断り、「予約の取れないレストラン」として有名になり、ロンドンの「ぐるなび」のようなサイトで、一位になってしまいました。
業者から商品の売り込みの電話が来たり、レストランを紹介する会社からアポの電話が来たりしていました。
ただ、実在しないレストランなので、紅茶の試作品が全然違う知り合いの人に届いたり、人々がそのレストランを探し回ったり、とだんだんと無理が出て来ました。
そこでその男性は最後に1日だけそのレストランをオープンすることにし、スーパーのレトルト食品などを買ってきて、綺麗にそれらしく盛り付け、お客さんたちに提供しました。
お客さんはおいしいと言いましたが、最後の最後に男性は、実は全部ウソだったことを公開します。
ネットの情報は信用できないと、改めて思いました。

私の最近の趣味はお裁縫です。ストレス発散も出来て、可愛い作品も出来て、一石二鳥

私は学生の頃お裁縫にはまった時期があり、もともと縫い物は大好きです。ですが、就職、結婚、そして育児が始まり、自分の時間をゆっくりと持つことが出来ませんでした。
ですが、長女の幼稚園入園をきっかけに、幼稚園バッグやお弁当袋を作るためにミシンを新しく購入したことから、縫い物をしたいという欲求が湧いてきました。
まずは幼稚園で使うグッズ作りをしてみて、そこから娘と息子の簡単な洋服を作ってみようと思い、スカートと短パンを作りました。
昔より布の種類も今は豊富で、とても可愛い布がたくさんあります。布選びをするところからもう既に楽しくて、洋裁の雑誌を眺めてはどんなものを作ろうとワクワクしました。
スカートと短パンがとても可愛くて出来上がり、子供もとても喜んでくれました。
喜んでもらえると嬉しくて、次々と自分のスカートや子供のワンピース、ポーチやバッグなど色々なものを作りました。
難しい行程があったり、夜子供を寝かしつけたあとに取りかかるので疲れて嫌になってしまったりと進まないことも多かったですが、趣味があると育児の気分転換にもなり、楽しく過ごせるようになりました。